納車の時から付けたのが純正のガード・グリップヒーター キジマのマウント

名称はアクセサリーバー とりあえずは立ちごけのガード

グリップヒーターも純正
これは恐らくホンダ純正と全く同じ(LED色のみ異なる)
ホンダ純正なら安心。欠点は熱くなりすぎなところ。

キジマのハンドルマウントは実際に使用してみると、結構振動(共振?)がありスマホが見にくい。
またスマホの位置が高いと老眼には見にくい。(レンズの構造上、下にしかピントが合わない)
これはなにかか対策しないといけません。

そしてスクリーンもkappaに交換。
このスクリーンは大きくとカブのスクリーンのようです。乗っていても風の巻き込む音は激減。
高速でもシールド開けたまま走れます。
しかし下道では路面が見にくい。(スクリーンのエッジと路面が被る)
ちょっと困った商品です。アメリカ純正の可変型がよいのかもしれない。

IMG_6425


71Oql4+FEGL._AC_SL1500_



imgrc0076888530

ツーリングシーズンが終わったころ、やっと来たVストローム。

試乗しないで買いましたが、最初の印象は風切り音?が大きいこと。風が強い日ではあったがシールド開けて走っているような感じ。スクリーンの空力の問題かもしれない。ただメットのシールドは全然汚れない。

足つきは店舗で見たときは悪くないと思ったが、実際に乗ってみるとサスの伸びの状態とか路面の状況ではかなり悪い。燃費は慣らしで高速という事もあるが25キロ位は走る。

そして事前に聞いていた通り、疲れが全然少ない。これはスクリーンとか長めのホイールベースとか、パワーがほとほどの事が理由かも。気になったのはフロントのサスの動きがちょっといまいちな事。前モデルはアジャスト付、現行はコストダウンで廃止されていました。

IMG_5786

2年ぶりのブログ更新

レストア後10年以上乗っていたGPをついに手放しました。
相当手をかけていたのですが、バイクに気を使わないで気楽に乗りたい、というように心境が変化した事、DRZでのロングツーリングは疲れること、旧車の足回りには限界を感じていた事などが理由でした。選択は軽め?のツアラー。

最初はテレネが候補で見に行きましたが、あまりに足つきが悪そうな事、販売店にやたら待たされた事でやめました。(店員がいるのに見るだけで待たされるのではサービスはさらに期待できず)

次の候補のVスト650、たまたま行った店舗にあったので乗せてもらうと、意外と足つきが良い事、スポークリムでチューブレス、アルミのフレームなど意外とコストかけてるな、と思いオーダーしました。販売店で見たのは白でゴールドリム、オーダーしたのはブルーのメタリック。

しかし納車に約半年待たされ、来た実車は思ったより地味な色でした。

productdetailimg_DL650XAM1_QEB

最近ハイオクはどこも混ぜてたから同じ、という記事が出ています。
Vパワーのみ独自とか。


実際かなり以前からVパワーを入れるようにしていました。
微妙に差があるような気がしていたから。
有意差はそんなにないような気もしますが、ホント微妙。

ま、レギュラー混ぜてた訳ではないからいいか。


http://balboaisland.livedoor.blog/archives/54908633.html

↑このページのトップヘ